身元保証の代行業者への支払い

category01

よく高齢者などの場合で賃貸住居を借りる際には身元保証会社の代行による契約を促されたりします。

これだけは知っておきたい身元保証の代行の情報が揃っています。

これにより賃貸借契約による賃料支払いで貸す側は、その賃料収入が得られないリスクを回避するわけです。

また借りる側もこの契約を交わすことで身元保証になってくれる親族などがいなくても、その代行業者が了承さえしてくれれば借りられるため、賃借人双方にとってメリットがあると言えます。
ただしこの業者はいったん賃料を未払いすなわち滞納したりすると、その取り立てはかなり厳しいものがあります。


したがって未納のならないように注意が必要ですし、その認識を持って契約を交わすことが必要です。


またこの身元保証会社へは代行をしてくれることのお礼として、その保証料を支払う必要があります。


毎月の家賃の数パーセント程度ですがこれとセットで家賃から引き去りによる支払いです。この保証料自体は家賃をベースに考えられるものですから、家賃が安い物件の場合は安く済む傾向があります。



それでも家賃にプラスして支払わなければならないため、相応に負担は増します。



それでもこの業者が間に入ることで借りやすくなるメリットがあるわけですから、メリットもデメリットもあるわけです。このように身元保証会社の代行では手数料払いがあるにせよ、親族などで身元関係の保証になってもらえそうにないときなどには有効な手段です。

手数料もまだ支払える許容範囲であれば、契約をする意味はあります。


解りやすい!

category02

近年では65歳以上の老人人口の増加によって、超高齢化社会に突入しました。そんな中、単身高齢者世帯までも増加傾向をたどっており、身内や親族など身よりのいない高齢者がさらに増え続けています。...

subpage

予備知識

category02

契約時の身元保証人がみつからないために高齢者が入院や賃貸物件入居できないケースが増えてきました。家族・親戚・友人のいない高齢者だけではありません。...

subpage

皆が知りたい情報

category03

様々なサービスを利用する際に、身元保証が必要になる場合があります。金銭の賃借だけでなく、賃貸住宅を利用するときも連帯保証人や身元保証人がいないと契約できないなどの問題があるでしょう。...

subpage

知識を増やす

category04

身元保証人とは入院する時や住宅に入居する時に求められます。実際に契約する本人が支払いなどの義務を果たせなくなった時に保証をする人の事を言います。...

subpage